コンテンツのデリバリ

Transporterの基本

Transporterは、Javaベースのコマンドラインツールで、コンテンツのデリバリやApple TVアプリとの統合にご利用いただけます。Transporterを初めて使用する場合は、「Transporterユーザガイド」の「クイックスタート」を参照してください。

Transporterにはビデオコンテンツに使用できるさまざまなモードが備わっており、デリバリ前のXMLファイルや.itmspパッケージの検証、アセットやメタデータのアップロード、デリバリのステータス確認などが可能です。各モードの概要、関連するコマンドラインオプション、およびAppleのベストプラクティスについて詳しくは、「Transporterユーザガイド」の「Transporterを実行する」を参照してください。コマンドラインオプションと値の詳細については、一覧をご確認ください。

基本となるTransporterのモード

以下は、特に使用頻度の高いモードです。

  • Schemaモード:XMLファイルをパッケージ化してAppleに送信する前に、スキーマファイルを取得して検証します。
  • Verifyモード:.itmspパッケージを検証し、デリバリ前にメタデータとアセットが技術要件を満たしていることを確認します。アップロードする前に潜在的な問題点に対処できるようにします。
  • Uploadモード:デリバリの準備完了をもって、アセットやメタデータをAppleにアップロードします。Appleは、パッケージのアップロード時に-t transportを指定せず、代わりにTransporterが自動でパッケージに最適な転送モードを判別する自動転送検出の使用を推奨しています。また、パッケージのアップロード毎にeXtremeのログファイルを作成しておき、デリバリに関する問題発生時にAppleのサポートが必要な場合は、eXtremeログのコピーを提供してください。
  • Statusモード:.itmspパッケージのステータスを確認し、アップロード後におけるエラーや品質レビューのリジェクションの有無を確認します。
  • Lookup Metadataモード:以前アップロードしたビデオの現在のメタデータを取得します。アップロードしたのが.itmspパッケージであった場合、XMLファイルやアセットに対する修正は、データの誤入力防止のため、メタデータファイルをダウンロードすることが推奨されます。ダウンロードしたメタデータファイルには、プロキシURLが含まれているので、常にプロキシを控えておいて、新しいオーディオファイルや字幕ファイルなどへの対応が必要となった際にご活用いただくことをお勧めします。